クレジットカードおすすめランキング!

貸金業法改正について

賃金業法改正について

 

賃金業法改正についてですが、
多重債務問題を解決するために、2010年6月から法律が改正され、
総量規制と呼ばれる規定が施行されることになりました。

 

これは、年収の三分の一を超える額のキャッシングを規制する
法律のことで、たとえば、年収300万円の人の場合は100万円以上の
借り入れは認められず、借入することができなくなりました。

 

総量規制の対象になるのはキャッシングのみで、
ショッピング取引については対象とはなってはいません。

 

例えば、クレジットカードを持っている人が、年収に関する証明を
クレジットカード会社に提出していない場合、キャッシング枠が極端に少なくなったり、
あるいは0になったりすることがあります。

 

これも貸金業法改正による総量規制の対象になっているためです。

 

もし、キャッシング枠を増額したい場合は、
年収に関する証明として確定申告の写しや源泉徴収票、
さらには市町村の発行する納税証明書を提出することが必要です。

 

この場合でも、年収に対するキャッシング枠が既に3分の1に達しているなら、
増額することはできません。

 

キャッシングは、お金がない時に借りることができるという点では便利なサービスですが、
金利が高いため、利用は計画的に行なうことが大切です。
賃金業法改正についてしっかり知っておく必要があるでしょう。