クレジットカードおすすめランキング!

個人信用情報機関について

個人信用情報機関について

 

個人信用情報機関については、
クレジットカードに加入すると、本人の情報が全て登録されることになります。
これには、氏名、住所、連絡先、支払い状況(クレジットヒストリー)が含まれます。

 

なぜ本人の情報が登録されるかということですが、
それはクレジットカードを発行する際の審査の参考になるからです。

 

例えば、過去に自己破産や民事再生などの債務整理を行なった人の場合、
その情報が登録されるため一定の期間はクレジットカードの申し込みができなくなります。

 

これは、支払い能力に問題がある人が安易にクレジットカードを手にし、
同じことを繰り返さないようにするための予防措置です。

 

さらに、毎月の支払情報も登録されます。
例えば、長年にわたって支払いの遅延を起こすことなくカードを利用してきた人は
優良顧客とみなされるようになり、ゴールドカードなどのランクアップインビテーションの判断基準にもなります。

 

反対に支払いの遅延を時折起こす加入者の場合は、
カード利用の停止などの措置が取られるようになり、
他のクレジットカードの発行ができなくなることもあります。

 

個人信用機関へ情報が登録されることは、
申込書にもその旨が記載されているため、申込時に自動的に登録されることになります。